疲れた体に効くストレッチ

「疲れた体がよみがえる リセット7秒ストレッチ」(栗田 聡、 濱 栄一 著)

という本を見ています。


体のクセがあると不調を招くらしいのですが、筋肉はこんなことを起こしています。


使われない筋肉は、どんどん弱くなる

    ↓

弱った筋肉を使わずとも体を動かすことで、それが体のクセになっていく

     ↓

使わない筋肉は使うチャンスが減り、硬くなる

     ↓

使わない筋肉をかばって働いていた筋肉も疲弊し硬くなる

     ↓

ますます体が動かなくなる

  (p.14を要約)

筋肉は使わないと硬くなって、体にクセを作り、動かしにくくさせるのですね~。

なんか怠け者がいる会社組織みたいですね。
働き者が怠け者の分まで働いた挙句ぶっ倒れる・・・みたいな
それで怠け者はいつまでも怠けて会社潰す・・・みたいな

話をもどします




”リセット”というのは、骨格をよりよい位置に戻して<リセット>、伸ばします<ストレッチ>。


ある筋肉を、一度ゆるめてから伸ばしていきます。

連動した動きをしながら、筋肉を伸ばすのが特徴です。



なんと言っても「トップアスリートだけが実践してきたメソッド」(p.12)ということで、
なんとも心強い。




どの筋肉を伸ばすのか、写真がスケルトンで筋肉が見えるのでわかりやすいです。
”ココに効く!”と書いてありますので、確認することができます。

”伸ばす部位”として、棘上筋、小円筋などの筋肉名とそのイラストが小さく載っていて、部位を確認できます。


”7秒”にも理由があって、伸ばしたいからといって、
何分間もその姿勢でストレッチするのは、あまり意味がないのだとか。

ストレッチ方法は、写真入りで載っているのでわかりやすいです。

”ここで吐く”などの呼吸法はありません。


p.17に”体のクセは骨格に表れる”として、”不調を生みだしやすい体”と”機能的な体”のイラストが載っていて、

”不調を生みだしやすい体”のイラストを見ながら、

「うーむ、いつもゴリゴリとマッサージされている個所やないか」と思いました

「なるほどなぁ、そういうことかぁ」と、酷い猫背だった頃をボンヤリ考えていました
               今でもまだ猫背ですが・・・

肩こり、腰痛予防、猫背治し、五十肩予防、首こり、全身のゆがみ治し・・・などの他に
不調改善ストレッチ、運動前のストレッチ(バリスティックストレッチ、コンパウンドストレッチ)も載っています。

いっぺんに全部は、すぐには覚えられないので、ぼちぼちと始めてみます。


体調管理はストレッチから






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック