アロマセラピーからフラワーエッセンス、オーラソーマ

アロマセラピーからフラワーエッセンスを知った私です。
昔、アロマトピア(アロマの雑誌)か何かに載っていましたか?

バッチのフラワーレメディ。
ハーブティーに4滴落として飲む方法。

セラピーの一環としてか(?)精油を売っている店にバッチが置いてありました。
私はプルナマよりヒーリングハーブが好きでした。
プルナマは、プラクティショナー養成、まだやってますかね?
資格商法に限りなく近いと思いますが。
いや、ほとんどソレ。

オーラソーマもバッチと同様です。
オーラソーマティーチャーと呼ぶのですか。
これも資格商法に限りなく近いと思いますが。

そもそもアロマセラピーの資格だって民間資格で、
ほとんど・・・以下同文。

アロマセラピーのサロンではバッチのカウンセリングも受けられたりします。
サロンのオーナーがそういうプラクティショナーだったりするからです。
   (そうでないサロンも、もちろんあります。)
でも、心理的な教育は受けていない方が大半だと思います。
占いの延長と思ったほうが良いかも。

セラピーを受けたら、
コレ(フラワーエッセンスやオーラソーマの瓶)であなたは変われます
と言わんばかりに、その商品を買わされるかも。

心が弱っているときは、そういうセラピーを頼ってしまいがちです。

でも、自分を変えるのは自分自身だということをお忘れなく。
そのセラピーは本当に必要でしょうか?






この記事へのコメント

三毛猫
2016年05月03日 00:19
はじめまして。

>自分を変えるのは自分自身
そのとおりだと思います。
書かれていらっしゃること、あの業界の真実だと思います。

オーラソーマも、フラワーエッセンスもそういう意味では
何の役にもたたないと、私も断言したいです。
信じてらっしゃる方には殴り殺されそうですが。
要は、あれらは商売ですよね、
心の弱った人につけこんだ、商売。
人の弱みに付け込むだけ、他の商売よりもたちが悪いと
思います。

そう言う私も脱スピやってます。
お恥ずかしながらそれまでどっぷりだったのです。
スピの世界に違和感を感じ、それにびっくりして、
「いやそんなはずはない」と最初は自分に戸惑いました。
が、スピの会話や内容についていけなくなり…。
急に目覚めました! スピと逆の方向に(笑)。

この記事へのトラックバック