ローズマリーで認知症予防の前に

片づけていたら、

aromatopia, No.126(2014)が水に濡れたのか

誌面がくっつきまくった状態で出てきました。


グリーンフラスコの林先生がまた、おもしろいことを述べていました。




認知症研究で成果があったとされるローズマリー精油と

今、手元にあるこのローズマリー精油は

同じように働いてくれるのかどうか

ということについて書かれています。

同等に働くことを「生物学的同等性」という・・・らしい。

ローズマリー精油の有効成分は特定不能・・・らしい。

そこで、ある一つの成分を指標成分として定めて置き、

その成分が一定量あるかどうかで

生物学的同等性を担保するやり方を

用いたらどうか。

精油の品質基準作りが欲しいね

みたいな話です。

(違ってたらスミマセン。)



画像

aromatopia, No.126 (2014), p.98


認知症予防に効果があるローズマリー精油は、

ローズマリー精油なら、何でも良いというわけではないのですか。

どの成分が一定以上ある、あるいは、ない、とか

そーゆーのがあれば、わかりやすくて良いのかもしれません。

しかし、もう既に、朝用、夜用として市販されてますよ。

まだまだ未知な部分があるのがアロマテラピーなのです。



もうこうなったら、

ローズマリー精油に頼らず、自力でいきましょう。


”Dr.和の町医者日記”の長尾先生が、2016年12月8日のブログで

「歩行が海馬の神経新生を促進」と題して、

「運動習慣こそが神経新生を促す最も簡便な方法」と

述べられています。

運動が良いのですが、運動習慣がなかったら

歩くことが一番やりやすいかな。

だから、ローズマリー精油には期待しないで、

まずは、ウォーキング。

やってみましょう。

大切なのは、健康三原則です。



睡眠・栄養・運動(健康三原則)>>>>>>>>>>>>>>アロマテラピー

とお考えください。


では、このaromatopiaも捨てます。ポイッ

私は筋トレ、頑張ります。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック