平穏死

「「平穏死」 10の条件 胃ろう、抗がん剤、延命治療いつやめますか? 」(長尾 和宏 著)



家の中を片づけつつ、平穏死の本を読んでいます。

わかりやすくて読みやすく、おもしろい本で

つい夢中になって読んでいて、片づけが・・・



長尾先生は、尼崎(兵庫県)の開業医で、往診もされています。

ご自身の経験が綴られています。



医療が発達した現代、家で平穏に亡くなることは

難しいようです。



誰が看とるのか。


死への準備。


コミュニケーションがとれる間にやっておくこと。




どのように死ぬかを考えることは、

よりよく生きるということ。



まだまだ先のこととは思わずに、

たまには、このような本を読むのも良いものです。



特に老親がいらっしゃる方は、読んでおいたほうが、

より安心です。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック