病気にならないアロマテラピー

風邪等の病気にかからないようにアロマテラピーを活用する

気分をシャキッとさせるためにアロマテラピーをする

ダルダルなので、やる気を起こさせるためにアロマテラピーをする

病気にならないようにアロマテラピーをする

未病を治すためにアロマテラピーをする

室内芳香のためにアロマテラピーをする



などなど

アロマテラピーをする理由はあると思います。



病気にならないようにアロマテラピーをするのは、

精油が健康を下支えしているみたいな感じを受けます。

精油が無かったら、健康が維持できないような印象。

そして、「精油さえあれば大丈夫」というのは、

根底に不安感があるのかなと私は感じます。





健康の維持、増進は、まず、

   食事(栄養)、運動、睡眠(健康三原則)

ですので、これらと精油は関係ありません。



と、書いて、ふと、

「精油は関係あるよ」とアロマセラピストに言われそうだなと思いました。

「眠れなかったら、ラベンダーやスイートオレンジが活躍するじゃない」と。

しかし、よく運動すれば、よく眠られるのですよね。

このことから考えても、やはり、精油は不要かな・・・と。



精油には様々な効能があるとされていますので、

その薬理作用の面から健康維持、増進をということなのでしょうが、

その前に、基本的な健康三原則があってのことだと思います。



この健康三原則がキチンとできていれば、

精油は要らないものだと思います。



食事内容の見直し、適度な運動、熟睡するよう日々努力することが

健康維持、増進に繋がるのだと思います。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック