必要以上に頼らないこと

AEAJのアロマの研究・調査のページに

「マカダミアナッツオイルを使用したメタボリックシンドローム予備群へのアプローチ」と題して

(マカダミアナッツオイルの)”パルミトレイン酸の血中濃度が高くなるとインスリン感受性を高めることが報告されていて、悪玉コレステロール(LDL)値が低下したというデータもあります。マカダミアナッツオイルを皮膚に塗布した場合、塗布しない場合に比べて経口ブドウ糖負荷試験の血糖値が低下しました。”(以上、一部引用。)

と書かれてありました。

キャリアオイルでさえ、このような素晴らしい効果があります。

精油と併用すると、もっと素晴らしい効果が期待できそうです。


アロマテラピーは、このように、

健康増進できる療法だということは、私も認めます。

(アロマテラピーを否定しているわけではありません。)


だからといって、マカダミアナッツオイルを魔法のオイルと思ってはいけません。
(誰も、そうは思わないと思うけど・・・念のため)



どんなことも

何でも

必要以上に、キャリアオイルや精油に頼るのはやめましょう。



自分でできること(健康三原則、食事、運動、睡眠)、

やれることをやってから、

アロマテラピーはそれから

です。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック