親は60代から娘を取り込む

昔、50代の女性と一緒に仕事をしていました。

その女性は独身でした。

ずっと両親と住んでいました。

私がまだ若かった頃の話です。

その女性が言うには、

「結婚するのならば、親が60代になる前に結婚するほうが良い」と。


両親、いや、母親が60代を過ぎると娘を離さなくなる

からだという。

母親が娘を自分の手元に置いておきたいという欲求が出てくるのだという。

 自分の体は、だんだん弱っていく、娘は結婚して出ていくというのが、

  精神的に許せなくなるのか

   ちょっとわからないけど。

この母と娘の絆というか縛りが大変だ・・・と。

それを振り切って、結婚するのならば、せよ・・・と。

その女性には、振り切ることができなかった・・・と。


  母は娘を自分の介護要員と思っているのかもしれない・・・


  最近、思うことは、その”縛り”が年代が進むにつれて、

  グルグル巻きのがんじがらめの縛りになっているように思えます。


  80代のお母さんの面倒を看ている50代の娘さんがいるのですが、

  ガッチリと母娘一体型みたいになっています。


    ときどき、どっちが親かわからないことも・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント