言い訳するヤツ

「言い訳するヤツにろくなヤツいないなぁ」と、ボソッと言ったら、

「そういえば、そうだなぁ」と言うヤツ有り。


ふと、脳裏に浮かんだのは、中年デブ女性(たまにこのブログで登場するデブ。それもすごいデブ。運動嫌い。子どもが進学校へ通学中。)


「バスの後ろについたので、遅れてしまいました」だの
「おかまを掘られました。行けません」だの
「車が壊れて、遅れます」だの
「子どもが急に熱を出して病院へ行ったので、遅れました」だの


なんなんだ、こいつは 


他の人の例では、

「ちょっと街まで出かけていて、遅れてしまいました」
「家の時計が狂っていました」

時計ぐらい合わせろよ(-_-メ)
というか、今の時計って、正確だよね。合わせなくていいぐらい。


他には、

「孫の面倒を看ていて・・・」と言うバージョンもあります。

ありとあらゆるものを持ち出しては、言い訳に利用する

しかし、こういう人を私は信用しません。



きょうのworkout

ダンベル トライセプス エクステンション

4kgで。

15~25reps 3set
あぁ。4kgが、しんどい。



インクライン サイドレイズ
インクライン フロントレイズ

25reps 3set

2kgのダンベルが重い

低負荷高レップ、めっちゃ、きつい。ヒーッ。

でも、おもしろい。


三角筋が張るような血液が増えて太ったような感覚。
しばらくして消えましたけどね。


夜に”肩”やります。


なんかおかしい

田舎で車をよく使うから、歩く機会が減り、足腰が弱くなり、膝や腰が痛んだり不調が出る。

足腰を鍛えておくのは、老化を防ぐため。

リフレクソロジーが不調に効果がある。

とか言うアロマセラピストさんがいます。


しかし、不調が出た原因のひとつが、筋力不足にあるのならば、

リフレクソロジーより踏み台昇降やスクワットが効果がありそうです。

運動をあまり勧めず、リフレで不調改善!を勧めるあたり、

根本的なところから治す気がないように思えます。

まぁ、そうすれば、ずっとサロンに通ってもらえますからね。


いや、そうではなく、リフレクソロジーは、足裏の膝や腰の反射区を押せば

不調を改善することができるのだ。

辛い運動などせずに楽して良くなるのなら、これでいいのだ。たぶん。


でも、リフレクソロジーやアロマトリートメントでは、筋力はつきませんよね。

てゆーか、膝や腰が痛いのなら、先に医者では?

医者へ行くことも勧めず、運動も勧めず、リフレクソロジーを勧めるって


いやいや、そうではなく、不調をリフレクソロジーでなんとかしのぎつつ、良くなってきたら、

どんどん歩いてもらおうということなのだ。たぶん。

アロマサロンに通う人って、運動習慣がバッチリある人ばかりですかね?


あ、でもね、運動した後のリフレクソロジーやアロマトリートメントは否定しませんよ。

よもぎ蒸しでも何でもやってくださいな。