忙しい50代

”魔の年齢層”(私が勝手に名付けた)になる前の50代。

子どもの手も離れたし、ホッとできる年代ではないでしょうか。
旅行に行ったり、仕事したりと忙しい。
お孫さんの面倒を看ている人も。

ところが、親の介護が始まる人も。
これは50代に限ったことではありませんが。
40代から60代頃は、介護世代
90歳を越える親御さんならば、子は70代ですものね。
40代から70代と広く見積もろう

実両親、義両親の面倒を看ている人もいます。
50代が頼りにされる世代。
この世代は、どこかイライラしている
ストレスたっぷりといった感じ
人によって違いますが。
ゆったりしている人もいます。

自分の時間ができたら、運動することをお勧めします。
「そんなことしている暇があれば、ゆっくり寝たいわよ」と
言われそうですが・・・

来る”魔の年齢層”へ向けて、食事と運動を自己管理していくことが
大切だと私は思っています。



魔の年齢層

私が密かに名付けている”魔の年齢層”。
どの年代でも骨折するときはします。

ですが、この年齢層は特に注意という
年齢層が、私の中にはあります。

それが、70歳前後の女性。

前後というのは68歳頃から73歳頃。
私の母が、最初に骨折した年齢層です

この年齢層の特徴は、
体は、どんどん、年を取っているのに、
気だけは若い。
若い頃と同じように動けると思って
同じように動くと、脚がもつれて転倒。

「えーなんで」となります。
気だけは若いから。

脚の筋力が若い頃よりずっと衰えていることに
気づいていません。
運動不足で筋力不足になっていることに、
転倒して初めて気がつく・・・・かも。

転倒して骨折、
いつの間にか骨折(脊椎の圧迫骨折)
膝の不調等を
起こしやすい年齢層だと私は思っています。

80代でも転倒して骨折しますが、
80代ともなれば、「老人」という自覚が芽生えるせいか(?)
慎重に行動したりします。たぶん。

以上のことは、運動不足で筋力不足のオバハン女性です。
日頃から、しっかり運動している女性は、当てはまりませんので
ご安心ください。


差が出るよ

きのうは、60代の過ごし方次第で
70代が決まるということを書きました。

どの年代でも生活習慣によって
差が出るのでしょうが、
特に、この年代で激しく差が出そうだ
ということです。

50代でのちょっとした不調、
たとえば、階段を最後まで登り切れない
途中で休みたくなる等の筋力不足が
60代では、もっとひどくなっていきます。

もちろん、これは、
運動など何もしなければ
の話で、どの年代でも運動すれば
筋力不足は解消されていきます。

グータラ生活を送る人と
運動好きな人との差は、
若い頃ならば、
ほとんどないのでしょうが。
しかし、
年齢とともに、差は開いていきます。

闊歩する人と杖をつく人。
走れる人とシルバーカーを押す人。


運命の分かれ道

今までも、
運命の分かれ道は
あったのかもしれませんが。

60代の過ごし方次第で
その後の70代、80代が決まっていくように
私は思います。

少なくとも70代が決まる・・・
母を見て、そう思ってしまいます

60代、もう少し、運動等頑張っていたら、
70代は、あぁ、以下、略。

他のオバハン女性を見て思うのは、
体が細い女性は、60代後半頃から
「いつの間にか骨折」してしまう人がいます。
脊椎の圧迫骨折。
ポッチャリ型は、そういうことに無縁かと言えば、
そうでもありません。
ポッチャリしていても、80代前半頃、
「いつの間にか骨折」していたりします。
要は、骨がスカスカになっているかどうか
ですから。
骨スカスカにならない生活が大切なのです。

骨粗しょう症だけでなく、
60代はⅡ型糖尿病、認知症の危険性が増えます。たぶん。

だから、60代は50代以上に、健康に気つけないと
とは個人的には思っています。

どの年代も健康に気をつけることは大切ですが。
「特に」ということで。



メキシカンブッシュセージ

20年前は珍しいかった(と思う)
メキシカンブッシュセージ。

車で走っていて見ていると、
庭で咲かせている家も多くなりました。

今年は、7月上旬頃に刈り込んだせいか
なかなか咲きませんでした。
もしかしたら、7月に花芽を摘んでしまった
と心配していましたが、
花が咲き始めて、ホッとしました。
今、庭に花が、めっちゃ少ないのです。
(ニチニチソウがまだ頑張っています。)
これが咲いてくれないと困る





DSC04068.JPG






彼岸花咲く

家の周りに彼岸花が咲いていました。
例年は、9月20日頃に咲きます。
今年は、10日ぐらい遅いです。
もう、咲かないのかと思っていました。


DSC04063.JPG

裏のオバチャンから、赤と白の彼岸花をもらいました。














Ⅱ型糖尿病予防に運動

運動することで、
一時的にインスリン抵抗性が改善され、
長期的な運動習慣で
やがては、インスリン抵抗性が改善されていく

そういう表です↓


usa.gif
運動によるインスリン抵抗性の改善効果

糖尿病ネットワーク
「糖尿病患者さんに、なぜ運動が必要か(後半)」より抜粋。

この表を見ていると、ものすごーーく希望が湧いてきます

運動していると、いつかは、良くなっていくのだ
頑張ろう・・・と。
(もちろん、食事も大切です

この表を、ジーーーッと見ていると、
左から右が、”改善”で、
右から左が、”改悪()”ということに
気づきます。

左→右=脱Ⅱ型糖尿病(健康)への道
右→左=Ⅱ型糖尿病への道

食っちゃ寝の運動不足で
グータラな生活を続けていると、
右→左になっていきます。たぶん。



2秒静止

チンスタに取り付けたトレーニングチューブ。
足に引っ掛けてアシスト懸垂。

上にあがった時点で2秒静止。

最初のうちは余裕
最後のほうで
「ウググググ」
あがらねー。制止できねー。

でも、やる


チンスタのディップスする箇所に取り付けた
トレーニングチューブ。
膝の下でアシスト。

やっていて
どこの筋肉にきいているのか
わかんねー

二頭筋か?三頭筋か?

何回かやって、やっと

大胸筋だ

と、わかった次第(遅すぎる
前傾姿勢の角度を変えたら、わかったぞぉぉぉ。

(2秒静止どころじゃない。余裕なさ過ぎ

もう、そろそろ、真面目に筋トレしないと・・・


運動の継続はインスリン抵抗性の改善につながる

Ⅱ型糖尿病の予防&改善には、
”運動”が欠かせません。
その理由の一つ、
インスリン抵抗性の改善効果
があります。

詳しくは、こちら
糖尿病ネットワーク

こうなると、
運動は、もはや、”薬”みたいな存在ですね。
飲まない薬
自分で作り出せる薬

食事と運動は、とても大切です。

といっても、
運動はイヤ、嫌いという人が
たぶん、いると思います。
その場足踏みもイヤ・・・と。
つま先立ちでOKです。

しかし、

”トレーニングによるインスリン抵抗性の改善効果は、
3日で低下し、
1週間でほとんど消失するといわれています”



運動は継続するしかないのですね・・・



ずっと、つま先立ち




COPD

COPDとは、
”たばこの煙などの有害物質が原因で肺が炎症を起こし、
呼吸がしにくくなる病気”
詳しくは、こちら
独立行政法人 環境再生保全機構

肺の組織に炎症を起こし、空気を吐き出す力を
弱めるのか。
タバコの害、怖い。

これは、手術するとき、大変ですよ。

禁煙するしかないですね。




カロリー貯金より筋肉貯金

きのう、朝のワイドショーをほんの少しだけ見ていました。
近大の谷本先生が出演されていて
筋肉貯金のことをやっていました。

自重のレッグエクステンション、
階段でのカーフレイズ。

カロリー貯金でダイエットしている人もいますが、
カロリー貯金より筋肉貯金。
カロリー貯金が終わったら、筋肉貯金



人生100歳時代

私の小さい頃は、65歳は、もう老人でした。
近所のお婆さんは、70歳頃、娘さんか息子さんの家に引き取られて
引っ越しました。

今、60代ではまだ老人ではありません(よね?)
70代で初老といった感じでしょうか。
80代からBBA
90代でも家で生活して、普通に歩いている人もいます。

いつの間にか、人生100年時代になっていました。
(そんなこと聞いてないよ

もっと体を大切にしないと・・・



きょうのworkout

きょうは、ほとんど背中。
アシスト懸垂、斜め懸垂。
上腕二頭筋、上腕二頭筋、三角筋少し。

いいのか?こんな程度で

足首に2kgのアンクルリストウエイト巻いています。
ヨガもやっています。コブラのポーズ、猫のポーズ。
ミニトランポリンで跳んでいます。







きのうの健康番組を見ていて

きのうの夜、テレビの健康番組を観ていました。

兄弟漫才?の兄が危ない。
2年前より30kg(だったか?)体重増加。

朝から揚げ物とおにぎり。
朝食後何時間も経っていないのに、
カレーライスを食べていました。
2杯?それ以上?
水代わりにコーラ(?)を飲むのって、最悪。
糖質オーバー、カロリーオーバー。

あまりの暴食ぶりに
私は唖然として観ていました。

驚愕の中性脂肪値を叩き出し、
この人、「将来、心筋梗塞になる」とか
なんとか医者は言ってましたけど、
その前に、Ⅱ型糖尿病になりそうだと
思いました。

カレーライスを食べているとき、
ほとんど噛んでなかったような。
かき込んでいるような。
3分で完食って、早過ぎ
カレーってあまり噛みませんよね。
具材はよく煮てあるし。

よく噛んだほうが
顔の筋肉を使うのでイイらしいです。
食後血糖値も上がりにくいらしい。
といっても、最近は硬い食べ物って
少ないですよね。
豆まきの豆でさえ、柔らかい

早く減量を始めないと、将来が心配です。
食事と運動です。


きょうのworkout

きのうは、デッドリフトしかできませんでした。
きょうは、頑張ってみました。

10kgのダンベルで
ショルダープレス(5repsしかできない)

10kgのダンベルを両手に持って
ダンベルフライ、ダンベルプレス(フラット&インクライン)
カーフレイズ
ブルガリアンスクワット10reps×3set 、6reps×3set

20kgのダンベルで
シュラッグ、ワンハンドローイング

トレーニングチューブを足に掛けてアシスト懸垂
斜め懸垂

ミニトランポリンで激しく跳躍

コブラのポーズ、チャイルドポーズ、ヒップリフト、
猫のポーズ、弓のポーズ


だんだん、お腹周りのお肉(脂肪だろ)が
つかみにくくなってきました。
背中は、だいぶ、スッキリしてきました。
背脂が少なくなってきました。
腹も背中もまだ脂身があるけど・・・
まだまだ頑張るもんね。

筋肉をつけて、Ⅱ型糖尿病予防




ユーカリが!

数日前、鉢植えのユーカリを挿し木にしました。

その後。



DSC04030.JPG
枯れた
青々している植物は、プチヴェール。ケールと芽キャベツの掛け合わせ。









DSC04032.JPG
他のプランターのは、生きてる 枯れかけ
期待せずに、そのままにしておこう。
水だけやろう。




きょうのworkout

きょうは、自宅でworkout。

デッドリフト62kg 

今まで60kg越えはなかったので、
「あがるかなぁ?」と思ったのですが、
足を踏ん張って頑張ってあげました。
腰にはベルト。手は筋トレ用のグローブ着用。

5reps×1set、3reps×1set、2reps×1set
もう1setやってみましたが、
3cmほど浮いただけでできませんでした。

もう少し握力があれば・・・
今、暇があれば、ハンドグリップを握っています。

他は、ミニトランポリンで跳躍。6分ぐらい。
エアロバイク12分。
トレッドミルでウォーキング20分。


時間があれば、もう少し、筋トレしたい。



きょうでひとまず終わり

きょう、仕事でやって来る中年デブ女性(すっごいデブ。運動嫌い。子どもは進学校)
が納品に来ました。
納品書を持って来ませんでした。
でも、何も言わずに帰って行きました。
納品書なしに納品。
いつものことです。

他の業者も来ますが、納品書を忘れたら、
「きょう、(納品書を)忘れたので、
明日、また、持ってきます」と必ず言います。
でも、中年デブ女性は、何も言いません
納品書を忘れたことも忘れてる

次の納品があると思って、
いつものように持ってこなかったと
思いますが、
次は、しばらく、ない
かも。
仕事内容が、かなり劣化しているし。
もう、あかんわ〜。
全然ダメ。

また、
こちらが気がつかないうちに、〇〇料(2)とか勝手に作って
値上げするかもしれない。
また何をするかわからないと思うと、もう、全然、信用できません。
信用できないと思うと、中年デブ女性にお願いする気になりません。
もっと良い業者は他にもありますから。

これからは、進学校に通う子どものことに集中させてあげます。
きょうで、ひとまず終わりだよん。



実は、もう一ヵ所、業者がいます。
そこは、中年デブ女性と違って、
ものすごく危機感を持っています。
将来、この仕事がなくなるのではないか・・・と。
だから、向上心がすごいです。研究熱心で。
そして、しっかり仕事をしています。
値上げするときは、必ず、こちらに言いますし。
陰でコソコソと値上げするようなことは
一切やりません。(って、あたりまえだろーが)

こういう人が、他からも信頼厚く、
結果的には、金銭的にも恵まれていくと思います。



運動習慣をつける

運動習慣をつける

こう書くと簡単なことに思えます


運動習慣がない人にとっては、これが大変なことです。
「運動しなくては・・・」と、思いつつ、つい、ダラダラ過ごしたり。

私の場合、最初のうちは、運動期間を2週間と限定しました。
ところが、その期間をズルズル伸ばす運動好きの人たちが居まして・・・
運動をサボると、その人たちにハッパをかけられました。

運動→挫折→ハッパをかけられる→運動→挫折→ハッパ→運動→挫折→・・・
の期間がありました。

まるで自転車に乗る練習をしている子どもが、自転車の後ろを誰かに持ってもらって
うまく自転車に乗れるような感じです。
自転車の両輪というべきか。いつかは、はずすあの小さな車輪。

もちろん、腰の曲がったBBAや「しんどい」を連発するBBAの存在も大きい。
「あんなBBAには、なりたかねー」という強い思いはあります

それで、やっと運動習慣がつきました。(遅い

スポーツジムに入会してしまうのも手ですが。
支払った期間だけ頑張り、期間が過ぎると、
きっぱり運動をやめてしまう人がいました。

何のための運動か、目標を持ってやるしかないですよね。

挫折しても、また運動することです。
何回挫折しても構いませんから。
また運動を始めましょう。



月曜断食?

朝、テレビを見ていたら、
「月曜断食」で痩せた女性が出ていました。

月曜日だけ断食するらしい。
詳しくは本が出版されています。

15kg痩せたという30代の子育てママを見て、
my familyが

「このオバハン、顎のあたり、たるんどるなぁ
いや~、体全体、たるんどるで~
こんなんで、ええんかぁ?」

まぁ、確かに

運動せずに、食事だけで痩せることには
私は反対です。

15kg痩せた内訳は、水分、筋肉、少しの脂肪が
減ったと思われます。
断食やカロリー制限をやめたら、リバウンドするかも・・・
リバウンドして脂肪がつき、
脂肪だらけの体になっていきます。
(Ⅱ型糖尿病への道
筋肉が減っているので、運動しなかったら、
将来、膝、股関節に支障が出るかも・・・
今こそ、運動して代謝をあげるときです。

断食やカロリー制限は否定しませんが、
運動も必要です。

デブは、まず、筋トレから


実りの秋

裏のオバチャンの庭の栗の木。
栗がいっぱい落ちていました。
栗拾いしているオバチャンの姿が。

まだ暑い日がありますが、朝晩すっかり涼しくなり
秋めいてまいりました。

市場には、柿、イチジク、リンゴ、みかん等
実りの秋といった感じです。

上記、果物を買ってしまいました。

食欲の秋。

いかん。気をつけないと・・・



トレーニングルームにも行っています

普段は自宅でバーベルとダンベルでworkoutしていますが、
ときどき、トレーニングルームへ行っています。

ここは、平均年齢が高い。たぶん。
いつも同じような時間に同じような人が来ています。

30分歩いて、一度、トレッドミルから離れ、
トレッドミルが空いたら、また、30分歩く人。

トレッドミルで1時間近くジョギングしている人。

トレッドミルで1時間以上走っている人。

トレッドミルで1時間以上ダラダラ歩くオバハン

私は、マシンでトレーニングしながら、
目の前のトレッドミルの人たちを見ています。

トレッドミルで走り終えた人が、次に、マシントレーニングしたり、
ダンベルを持ってダンベルフライをやっていました。
先にマシンのほうが良いとは思うのですが、
運動している目的が人によって違うので何とも言えません。

それから、私は、
ダラダラ歩くオバハンが来たら、さっさと帰ります


最近は、バランスボールで山本式腹筋をやっています。
10回しかやってないけど・・・



続けることが大切

筋トレや有酸素運動は、続けることが大切です。

運動は続けることが大切です。
こう書くと簡単ですが。
若い頃から運動習慣がなかった人には、
これが、なかなか、難しい。
元の運動習慣のないラクしていた頃に戻りたがったりします。

若い頃から、運動大好きで、
今もバリバリに筋トレしている人は、
「どうして運動しないのだろう?」と、不思議がります。
運動なんてしんどいことは、ぜったいやりたくないのですよ。
今までやらなくて生きてこれたのですから。
これからだって、運動なんかせずに、このままいけたらいいと思う・・・
でも、そうは問屋が卸さない
運動不足のツケは、年とともに襲いかかってきます
人生、そう甘くないッ

運動するのがイヤになったとき、ダレたとき、
なぜか、腰の曲がったBBAが、私の前を通り過ぎたりします。
「しんどい、しんどい」と言う90歳近いBBAに出会ったりします。
そういう人達を見ると、
「あっ、運動しないと」と気持ちが奮い立ちます
近所のBBAは、そういう存在です。

運動は続けること
というより、
運動は、やめないこと

Ⅱ型糖尿病予防と老後のために運動している私ですが、
ちょっとでもHbA1cや空腹時血糖値が改善されたら、
きっと気が緩んで、怠けてしまうと自分で予想しています。
そうならないように、毎日の運動を続けていきます。

ときどき、筋トレの動画を見たり、
筋トレしている人のブログ(圧倒的に男性が多い)を読んで
刺激を受けています。
筋トレしている女性のブログを見ていましたが、
「胸の脂肪は残したい」だの「なんだこりゃ」の部分があり、
今は読んでいません。
私は、「胸にも筋肉をつけろ」ですから。



きょうのworkout

朝から、自宅のチンスタで背中のトレ。
最強トレーニングチューブを足に引っ掛けて
アシスト懸垂20回。

チンスタを使った斜め懸垂。
垂直に近い軽めの斜め懸垂から
仰向けに近いきつめの斜め懸垂まで全部で30回程度。

その後、ミニトランポリンで跳びました。

背中は、他に、
コブラのポーズ、チャイルドポーズ、弓のポーズ、
猫のポーズ等背骨を動かすポーズを
お風呂上りにやっています。
ヒップリフトも






ラーメン、餃子、ご飯、コーラ

ときどき、50代オッサンのブログをチラッと見ています。

相変わらず、炭水化物、デンプン質、糖質多過ぎの外食。

カップ麺は、ほぼ毎日食べているようだし。

ラーメン、餃子、白ご飯、コーラ って

野菜、タンパク質少な過ぎ。炭水化物、糖質多過ぎ。

運動不足でデスクワークならば、

このような食事を3食、毎日続けていたら、太ります。

ラーメンの代わりに鶏の唐揚げのほうがまだマシ。油分多いけど。

コーラはやめなさい。甘過ぎます。ウーロン茶にしなさい。

こんな外食でも、家では野菜たっぷりの食事をしていたら

まだイイのですが。

でも、こんな食事が好きな人が、野菜たっぷりの精進料理のような食事

しますかね?

その上、タバコを吸い、飲酒しています。

体に悪いことばっかりやっている気がします。

車通勤でデスクワークだと最悪。

若い頃ならば、リカバーできても、40代、50代以降、

(いや30代でも?)

不健康な食生活と生活習慣を続けていたら、

そのうち、不健康な結果が出ますよ。たぶん。

60代、70代が危ない。

まずは、脂質異常症、Ⅱ型糖尿病。

他人事ではありませんからね。



ユーカリを切る

強風が吹くと、鉢植えのユーカリが倒れます。
ちょうど、その場所は宅配便や郵便の通り道。

突風が吹いて倒れると危険なので、
高く伸びたユーカリを切りました。

今、小枝に切り分けて、挿し木しています。
つくかなぁ。
今までついた試しがないけど・・・



きのう、きょうのworkout

きのうは、脚。

デッドリフト
バーベルスクワット
ブルガリアンスクワット

軽めの重量で高レップ。
ブルガリアンスクワットは自重。

10reps×3set より 15reps×2set のほうが
キツイことに気がつきました(遅い



きょうは、上腕三頭筋。

オーバーヘッド トライセプス エクステンション


筋トレの後は、ミニトランポリンで跳んでいます。
タラタラ跳ぶのではなく、激しくジャンプしています。

今、ミニトランポリンは引き戸と壁の近くに置いています。
引き戸の角や壁の角を持って膝を折り曲げるように高く跳ぶと
イッキに心拍数が上がります。
(うちのミニトランポリンは持つところがついていません。)

何も持たずに、前傾姿勢で激しく跳ぶと、
これまた、心拍数が上がって・・・
膝を高く上げて跳んだり、脚を後ろに曲げて蹴ったり、
小走りになったり、いろいろやっていみると、
めちゃくちゃ、しんどい。
でも、楽しい。

私のworkoutは、Ⅱ型糖尿病予防と老後のためです。
筋肉をつけたい。脂肪を燃焼したい。
いつまでも自分の脚で歩きたい。



シルバーカーを押す人

その女性は、少し離れたところに住んでいて、
あまり頻繁にはお見かけしません。

風のうわさでは、
もう、シルバーカーを押して歩いているとのこと。

いや〜、まだ60代後半なのですが

50代頃に一度お見かけしました。
標準体重を20kg以上はオーバーしていて、
医者から痩せるように言われていたそうです。
その当時、頑張ってダイエットしていました。
何kgかは痩せたようです。
ところが、リバウンドしたようです。
運動していたのかどうなのかは不明です。
たぶん、食事制限だけではないかなぁ。
運動習慣はなさそうな感じでした。

60代後半でシルバーカー

70代ならば許せる
70代でも自分の足で歩いて、
シャキッとしている人はいっぱいいます。
股関節か膝関節か、やられたのだと思います。
中年デブ女性(仕事でやって来るデブ。運動嫌い)の
未来の姿に思えます。



デブの友達

そう言えば、
仕事でやって来る中年デブ女性(運動嫌い。子どもは進学校)以外の
デブは、中学高校時代の友人Uさん(結婚してMさんになっている)。

その人は、子どもの頃からデブでした。
標準体重15kg〜20kgぐらいオーバーしていました。
今は、どうなのか会っていないので
わかりません。

もし、あのままの体型で推移していたら、
今頃、膝や股関節に何か症状が出ているかもしれません。
いや、血液検査の何ヶ所かに異常が出てもおかしくありません。

中年デブ女性は、若い頃は標準体型だったようです。(旦那さん談)
結婚する前、ウェディングドレスを試着するたびに
ワンサイズ大きくなっていったのだとか
幸せ太りそれとも、ストレス太り
それから、どんどん太り、子どもを産んでさらに太り、
しっかりデブが定着しました。

それから、一度も痩せていません・・・

子どもの頃からデブだったUさんのほうがいいのか、
それとも、だんだん太っていった中年デブ女性のほうがいいのか、
私にはわかりません。

でも、肥満は問題だと思います。

Ⅱ型糖尿病になる危険性が増えます。
食べ過ぎと運動不足で太っているのならば、
生活習慣を変えることです。

Uさんも運動があまり得意ではありませんでした。
運動クラブには入っていなかったし・・・
私と同じですね
運動嫌いは運動嫌いの友人を持つ



チューリップの球根植えた

ホームセンターでチューリップとスノードロップの球根を買ってきました。
植えましたいつか植えたい




DSC00078.JPG
派手なピンクのチューリップ。
秋冬の庭のデザインは、だいたい決めています。
今年はストックを狙っています




復活したぞ

庭を見ていて、「あれ?」と思いました。

これって・・・



DSC00083.JPG
これって・・・
数年前に植えたルー?ヘンルーダではないか?
すっかり枯れたと思っていました。薔薇と薔薇の間から復活していました。






DSC90091.JPG
これって・・・
もう、かれこれ10数年前に植えたミントではないか?
ケンタッキーカーネルミントっぽいのだが。
はびこると手ごわいので、ガーーッと引き抜いたのですが。
消えたと思ったら、いきなり、復活しました。
もう、はびこってイイよ
もう、どーでもいいから
はびこれ〜
ミント畑になりますように



デブ放置禁止

標準体重を大幅に超えている方は、
減量したほうが健康的です。

「いや、今、既に健康だから」
と言ったのは、仕事でやって来る中年デブ女性。

この人は、たぶん、標準体重を20kg以上オーバーしてそう。
健康診断時、医者から減量するように言われていますが、
無視して放置しています。
メタボ指導も受けていません。
改善する気など、さらさらありません。

これから、中年デブ女性に起きることを予想しますと、
まず、体重超過で股関節、膝関節がやられます。
既に中年デブ女性は、膝関節をやられつつあります。
「膝が・・・」とか言っていましたから。
あ、それは、ただの言い訳だったのか
そのうち、痛みが出ることでしょう。
それから、Ⅱ型糖尿病になっていきます。
血糖値が、だんだん、高くなっていきます。
HbA1c、食前血糖値等。
生活習慣を変えなければ、境界型からⅡ型糖尿病になっていきます。
Ⅱ型糖尿病になると様々な合併症が待ち受けています。
しかし、動脈硬化は、境界型の頃から進みます。
そして、血管がボロボロになっていきます。
(特に毛細血管

このような未来を回避するには、デブは減量しかありません。
しかし、なぜか、デブは放置したがります。
今の生活習慣を頑なに守りたいようです。
もう、一生、おいしいものが食べられないとでも思っているのか
中年デブ女性の場合は、必死で抵抗されました。
そんなに減量がイヤなのか。運動は嫌いだし。ラクしたいし。
私は、上記のような未来が待っているほうがイヤだけど。
錆さびのBBAになりたくないわ。

「今、健康だから(減量したくない)」などと言いますが、
今の健康が未来まで続かないことに気がついていません。
過食で運動不足のデブの健康は足元から崩れ落ちる健康なのです。



劣化

仕事でやってくるデブ。運動嫌い。子どもは進学校。

きょう来たのですが、来る前に例の電話がかかってきました。
いつものように「きょう、何時まで居ます?」みたいな
いつものように、「〇時まで居ます」と答えたら、
いつものように、「それまでに行きます」と中年デブ女性。

こんなことをいつまで続けるのだろうか。
私は、すっかりうんざりして飽き飽きしているのに、飽きないのだろうか?

それから、数時間経ち、〇時まであと40分というとき、
また電話がかかってきました。
「今、そちらへ向かっています。先に帰られるようでしたら
あーして、こーして・・・・」と、明るい声で自分勝手に指示してくれました。
(もう、あんたのことなんか知らんから、さっさと帰るわ。)

電話は良いから、さっさと来い

それで、その時間までに、ちゃんと来たかと言えば、来ない。
帰る時間になったちょうどそのとき、
中年デブ女性の車が入って来るのが見えました。
これも何回もやっているので、私は全然、驚かない。
というか、〇時以降に平気でやって来たことが何度もあります。
いったい、この人の時間感覚は、どうなっているのだろうか
と、思うことが多々あります。
〇時ちょうどに着いたので、
私に対する嫌がらせか?
人のことなんかまったく考えていない。
帰る時間に来るヤツって。
そういうことになるだろうってことは、
予想していたので対策していました。
私は、もう、中年デブ女性とは直にお話ししたくありません。

あと数年経つと、中年デブ女性の子どもが大学を受験します。
またあの周りを巻き込むバタバタが始まります。
去年は子どもの高校受験で、まともに仕事をしてくれないときがありました。
そのことを考えると、「もう、いいよね」と思っています。
なにより、仕事内容が劣化してしまったことが大きいです。

とはいうものの、スッパリ断ち切れない事情があります。
でも、今まで通りにはいかないと思います。
たぶん、中年デブ女性の仕事量は激減することでしょう。
暇になったほうが、子どものことに集中できて良いでしょう?


有酸素運動のやり過ぎはよくないらしい

今、元?ボディビルダーのブログを読んでいます。

あぁ、ダイエットするときに、
先にこの方のブログを読んでいたらよかったなぁ。

少し難しいことも書かれてますが

わかりやすいです。
私でも理解できました。
脂肪燃焼させる方法とか。

筋肉博士と呼ばれている方です。

筋肉を付けたいので、有酸素運動は、そこそこにしときます。
(そんなにやってないけど・・・)
筋トレ、頑張ります。



私のストレスの原因のひとつ

最近、私は機嫌が良い。
理由は、中年デブ女性(仕事でやって来るデブ。運動嫌い。子どもが進学校)
の来る頻度がめっきり減りそうだから。

私のストレスの原因のひとつは、コイツにあったのだと
あらためて思いました。

中年デブ女性は、のろま。愚図。
仕事は遊びの延長か?と疑われるフシがあります。
いや、それより、何より、
自分の子どものための資金稼ぎのようにも見えます。

こちらに何の連絡もなく勝手に実質値上げしていたし。
(子どものためにお金が必要?)
近い将来、また何か名目を作って、こちらに何の連絡なく
勝手に値上げするかも
という強い不信感があります。
(こんなのって、有りかよ
そのことを質せば、たぶん、言い訳がましい答えが返って来ると
予想していて、何も訊いていません。
お話ししたくありませんから。
いえ、それでも、仕事内容が良かったら、
多少の値上げは・・・。
しかし、他からクレームが来たし。
値上げした上に、さらに10月から、しっかり10%分値上げ。
私は、びた一文も払いたくない気分でいっぱいなのですが。
(あの仕事内容であの値段。納得できない。)


そんなこんなで、距離を置くことにしました。

これで、終業時間前の
「きょうは何時までいますか?」
「〇時までです」と言うと、
「それまでにお伺いします」という
くだらない電話を取らなくて済みます。
(もういい加減、覚えてくれ。確認の電話はいいから、さっさと来い。
どうして、そんなに愚図なの?どうせ、自分のことしか考えてないのでしょ。
あなたってほんと自分勝手ね。)
この電話がかかってくるだけで、私は不機嫌になってしまいます。
壊れた機械のように、いつもいつも、毎度毎度
同じセリフを聞かされるこちらの身にもなってほしい。

でも、もう、この人と電話で話す機会は激減するかと思うと、
嬉しさのあまり、ついニヤけてしまいます。



きょうのworkout

朝から腹筋。

リバースクランチ30回
バイシクルクランチ30回

 しんどい・・・


ミニトランポリンで600回跳ぶ

 楽しい


階段を一段上がった場所で前屈。
次に体を後屈。(のけぞる。)

ヨガの猫のポーズ。
コブラのポーズ。
弓のポーズ。

背骨を動かしてみる。



運動すると楽しい

私は、若い頃から運動嫌いでした。
中高生の頃は、運動クラブにも入りませんでした。
社会人になって、
まったく運動しなかったのかといえば、
そうでもない。

今までやったこと、
一時期流行ったダンベル体操をちょっとだけ。1、2ヶ月?
バレトン、バレエストレッチ、ヨガ、チベット体操ぐらい。
チベット体操は、この中でも割りと長続きしたほうで、
その他のは、ほとんどすぐにやめています。
4~5年前?、ダイエットしたときにやっていた
ず~っと前に流行ったビリーズブートキャンプ。
これも、ほとんど、すぐ挫折。

どれも本やDVDを見ながらやってました。
お教室に通うってことは、やらねー。

それに比べたら、今、やっている筋トレや有酸素運動は
私の中では、最長と言って良いほど続いています。

しかし、それでも、以前は、
筋トレや有酸素運動をしている人たちって

  何が楽しくてやっているのだろうか

と、ずっと思っていました

筋トレを始めた頃、筋トレや有酸素運動をしている人から
「運動すると楽しいでしょ?」と、よく訊かれました。
が、どこがどう楽しいのか、さっぱりわかりませんでした。
「(ダイエットのため)やらな、しゃーない」と、
義務感だけで筋トレや有酸素運動をしていました。
ある程度、体重は減りました。

そのうち、重量が上がっていく筋トレがおもしろくなってきました。
「私って、まだまだイケル!」と、変な自信が漲る
ただ、有酸素運動は退屈でした。
カロリーを消費するためだけに漕ぐエアロバイク。
歩けばいいんでしょ歩けば的なトレッドミルでのウォーキング。
私にとって、これこそが、

 何が楽しくて運動しているの?

でした。

最近になって、ようやく(遅すぎる・・・
運動することが楽しくなってきました。
重量や回数が上がっていく筋トレだけでなく、
退屈なだけだった有酸素運動も楽しい
ランナーズハイのような感覚を知ったら、
有酸素運動は退屈でなくなります。
脳内にβエンドルフィンをバンバン出すような運動をしましょう。



甘いお菓子断ち

今、甘いお菓子を断っています。

リビングのテーブルの上には、
お客様にお出しした和菓子が残っていますが、
なぜか誰も手をつけません。

怪しい和菓子ではなく
百貨店で買ってきたちゃんとした和菓子です。
でも、食べない。

賞味期限が来そうになったら、
あわてて食べてくれそうな人は居ますが。

たぶん、私は食べません。
目の前にあっても、今でも無視ですから。

甘いお菓子って、食べなければ食べずに済むものですね~。



無理をしないように

暑いですね~。

アロマテラピーにハマっていた頃は、
9月になれば、もうそろそろ
アロマハンドクリームを作ろうかと
ミツロウや油等、材料を買い揃えて
作る準備を始めていました。
(今は、市販のハンドクリームを塗っています。)

9月は8月より乾燥する時期なのですが、
今は、8月の続きみたいです。

ところで、
隣の奥さんが農作業中に熱中症になってしまったそうです。
そのときは、わからなかったらしいのですが、
翌日、体が火照っておかしい。
それで内科にかかったら、熱中症だと。
点滴して事なきを得ました。
隣の奥さん、体が細い。筋肉が少ない。年齢が70前後。
体が細いと余力がない

気温と湿度に注意して、
まだまだ水分補給、熟睡すること、ビタミン、ミネラル補給。
ぐれぐれも無理しないようにしましょう。


朝からworkout

毎日筋トレしてはいけないかも・・・
部位を変えてやっています。

きょうは上腕三頭筋。
トライセプスバーでトライセプスエクステンション。
前よりできる回数が減って、ガッカリ。
少しずつやりましょう。

そして、すぐにミニトランポリンへGo!
400回跳んで朝の運動は終了。
1分間、約100回跳んでいます。

デブだったときは、跳ぶと
お腹がタポタポ揺れていましたが、
今は、それほど揺れません。
筋トレと有酸素運動を続けていると
体が引き締まってきた感じがします。
背中のお肉もつかみにくくなってきました。

「ゴツゴツしてきたなぁ」と言われています。
イイのです。何言われようが。
私は私。あなたはあなた。
人は人。



Ⅱ型糖尿病を予防したい

最近の私の筋トレは、筋肉を増やすため
というより、
AMPKを活性化させるため
にやっているような・・・


「ミトコンドリアのちから」という文庫本p.44に
”ミトコンドリアは身体が冷えたときや
カロリーが少なくなったときにも増加する。”
と書かれてあります。
身体を冷やしたり、断食すると増えるかもしれません


Ⅱ型糖尿病予防は、運動だけでなく、食事のほうがとても大切です。

”マグネシウムが糖尿病を予防する!マグネシウムでグルカゴンの暴走を止め、インスリンの効きを良くする!マグネシウム栄養学が世界を救う”という動画があります。
これを見て、マグネシウムと食物繊維を摂ることにしました。


夏のバラ剪定

8月下旬〜9月上旬(中旬?)頃までに
バラは夏の剪定をしたほうが
秋に一斉に咲いて綺麗だとか。

夏のバラって、だんだん、花が小さくなって
つまらない。

きょう、庭の四季咲きバラを剪定しました。
切り間違えた枝も多々あります
ついでに庭にはびこっていた雑草を引き抜きました。

きょうは暑かった〜。









きょうのworkout

きょうは、大胸筋、上腕二頭筋、有酸素運動。


プルオーバー(ダンベル)
デクラインプルオーバー(ダンベル)
ダンベルフライ
ダンベルプレス
  ↓
エアロバイク12分
  ↓
インクライン ダンベルフライ
インクライン ダンベルプレス
  ↓
トレッドミルでウォーキング30分
  ↓
インクライン ダンベル アームカール
  ↓
ミニトランポリンで600回跳ぶ


家にある運動器具を思いっきり使っています。
(二頭筋はあれだけでいいのか
 インクラインベンチ、大好き
 ときどき、座って休んでいます。



交互に筋トレ、有酸素運動

やってみました。
メタボ解消法。
筋トレと有酸素運動を交互に。



デッドリフト(バーベル使用)
   ↓
エアロバイクを12分漕ぐ(なんて中途半端な時間)
   ↓
バーベルスクワット
カーフレイズ
   ↓
ミニトランポリンで500回跳ぶ
   ↓
ブルガリアンスクワット(ダンベル使用)
   ↓
トレッドミルでウォーキング30分


こんなので、本当にメタボ解消できるのでしょうか
私は、健康診断上、もう、デブではありません。

トレッドミルでウォーキングしているときに、
どんどん歩けて、自分でもビックリしました。
ランナーズハイならぬウォーキングハイってあるのかなぁ


こんなことやってますが、
元は運動嫌いです。
若い頃は、全然、運動していませんでした。
(体育の時間は嫌い)

変われば、変わるもんですなぁ。



Ⅱ型糖尿病

「ミトコンドリアのちから」という文庫本のp.47〜p.50に
”脂肪組織と骨格筋のエネルギー強調の破綻:Ⅱ型糖尿病”と
題して書かれています。

メタボが引き起こす代表的な病気がⅡ型糖尿病。
過食や運動不足などの生活習慣によって引き起こされるⅡ型糖尿病。

Ⅱ型糖尿病は大きく分けると2つのタイプがある。
ひとつは、インスリンがタイミングよく分泌できない場合、
もうひとつは、インスリンは分泌されているが、
グルコースが細胞に取り込まれずインスリンの効果が発揮できない場合。
両方ある場合も。
筋肉がグルコースを受けつけなくなる原因の第一は、
血液中の遊離脂肪酸。

内臓脂肪に脂肪が満ちあふれていると、血液には常に遊離脂肪酸が放出される。
血液中にいつでも脂肪酸があれば、
骨格筋細胞はその脂肪酸を燃焼してエネルギーを作り続ける。
インスリンが分泌されても血液中のグルコースをわざわざ取り込むことはしない。
Ⅱ型糖尿病はこの状態のこと。

インスリンが働かなるもうひとつの原因は活性酸素。
遊離脂肪酸が常にミトコンドリア内に入り込み、エネルギーを作り続けると、
活性酸素が発生しやすい。
糖尿病初期段階で高血糖が続くと、骨格筋は余分にグルコースを取り込み
エネルギー代謝が過剰になる。
この状態も活性酸素が発生しやすい。
活性酸素は反応性の高い物質で、タンパク質や脂質を酸化する。
常に活性酸素に晒されることが問題。
活性酸素はインスリンの命令の邪魔をして、
グルコースを骨格筋に取り込めなくしてしまう。
一度インスリンの命令が遮断されるとインスリンがあっても
インスリンの命令はその後も伝わらなくなる。


「えーうそでしょ?」と言うようなことが
書かれています。
たかがデブと思っていましたが、とんでもない。
デブを放置してはいけない。
いや、痩せていても隠れ肥満型があるので、
多過ぎる内臓脂肪に注意。
知らなかったとはいえ、遊離脂肪酸、怖いですね〜。
Ⅱ型糖尿病の元じゃないですか。
常に血液中に遊離脂肪酸がないような生活をしたい
活性酸素で錆さびのBBAになりたくない



メタボ解消法

「ミトコンドリアのちから」という文庫本に
メタボ解消法(p.41~p.42)が載っています。


結論から書けば、
無酸素運動と有酸素運動を交互にやればイイ・・・らしいです。
少々激しい無酸素運動を挟みながら、有酸素運動を続けることが
理想的なんだとか。


無酸素運動と有酸素運動を交互にって
なんだか、とても、しんどそー


運動するとミトコンドリアが増える。

これ、めっちゃ大切な気がするんですけどね。

ミトコンドリア=エネルギー工場
ここで、脂肪をバンバン燃焼させて
どんどんエネルギーを生み出せば、Ⅱ型糖尿病は・・・




エネルギー代謝で言うと、
無酸素運動でAMPの量が増え、AMPK活性化。
ミトコンドリアでの脂肪代謝を促す。
      ↓
そこへ一気に酸素を送り込み(有酸素運動)
ミトコンドリアで脂肪燃焼。
      ↓
酸素が十分な状態になってしまったら、
ATPが増加し、AMPKの活性は萎む。
      ↓
再び、無酸素運動(筋トレ等)で
AMPの量が増え、AMPKを活性化。


AMPが一時的に増えれば、AMPKの活性化は
しばらくは続くらしい。

しばらくって・・・
ずっとじゃないよね。


だいたいねぇ、メタボでⅡ型糖尿病になる人って、
食べることが好きで運動嫌いな人が多いと思うのですよ。
好きなものを好きなだけ食べて、運動しない
だから、太ってメタボになってしまう。
そういう人が、急に生活習慣を変えるのは難しそう。
でも、できないことではない。
そして、運動を続けること。



メタボ

メタボとは、メタボリックのこと。

メタボとは、デブのことだと私は思っていました

メタボリックとは「代謝の」という意味。

メタボリックシンドロームでいうメタボは、エネルギー代謝のこと。

代謝とは、古いものと新しいものが入れ替わっていくこと。

体内でエネルギーが使われるとき、

ATP ADP AMP AMPK などが出て来ます。

リン酸化というのも。

生化学




グルカゴン

グルカゴン
α細胞から分泌されるホルモン。
血糖値上昇。


糖尿病は、インスリン側から見る場合が多い。
グルカゴン側から見たらどうなのか
という話が載っています。こちら「糖尿病治療の新機軸」
素人には、ちょっと読みにくい。でも、読んだ。


グルカゴン、血糖値上昇作用があるので
イヤなヤツだなと私は思っていました。
ところが、インスリン、グルカゴンともに
協同しているのだなぁ。
痩せたBBAとデブのオヤジとでは、同じ高血糖でも
体内でのインスリンとグルカゴンの量は全然違うのだなぁ。







骨に負荷をかける運動

骨に負荷をかける運動って、何だろう。


かかと落とし

かかとをグッと上げてストンと落とす。
かかとの衝撃が骨を刺激することでオステオカルシンが分泌され
骨が丈夫になります。
また、ふくらはぎの筋肉を使うことで血糖値が降下します。


スクワット

両脚に負荷がかかります。



片足を上げる

イスの背もたれ等につかまり、片足を上げます。
片足に全体重がかかります。




逆に骨に負荷がかからなさそうな運動は
エアロバイク、水泳。


血糖値を下げる運動は、こまめにやるほうが良いらしい。
骨に負荷をかける運動も同じだと私は思っています。
一遍にやらずに、1日のうち何回かに分けて、少しずつやると良いらしい。

骨に負荷をかける運動だけでなく
カルシウム、ビタミンD、ビタミンK、ミネラル分も。


骨に負荷をかける運動は どの年齢でも骨量を高める

「家庭画報」10月号、p.299~p.301
東京大学医学部付属病院骨粗鬆症センターの先生が載っています。

50歳以上の女性の4人に1人は骨粗鬆症・・・らしい。


小見出し
”骨に負荷をかける運動は どの年齢でも骨量を高める”を
かいつまんで書くと、

日常生活における対策は、
カルシウムを食事でしっかり摂ること。
カルシウムの吸収を高めるビタミンDを多く含む食品も
一緒に摂ること。
日光浴おススメ。


p.301
「また、運動はどの年齢でも骨量を高めることが科学的にわかっています」

それには骨に負荷をかけること。


これ、読んでいて、前半、
閉経によって卵巣機能が低下し女性ホルモンが分泌されなくなると
骨量が減る
とか書いてあるけれども、
骨に負荷をかける運動は、どの年齢でも骨量を高める
らしい。
ここのところで、ちょっとツッコミたくなる私。

そして、骨粗鬆症薬は日進月歩・・・らしい。

これって、何歳であろうとも骨に負荷をかける運動をしていれば、
大半の人は、骨量が増えて骨粗鬆症にならず、
新薬のお世話にならずに済むって
ことですかね。
女性ホルモンは、どーした?

”閉経前後の時期はホルモン補充療法で骨量増加と更年期症状の緩和を狙う”
という見出しがありました。



最近やっているworkout

最近、やっているworkoutを書き出してみます。


1kgのアンクルリストウエイトを足首に巻付けて
玄関で跳ぶ。30回。
仕事中も付けている。


3kgのアンクルリストウエイトを足首に巻付けて
腸腰筋トレーニング。
休日は付けたまま日常生活。


バランスボールでブリッジ。
(これは、バランスボールが良い具合に
 ブリッジをアシストしてくれる


トレッドミルでウォーキング。30分。
ときどき、早足。


エアロバイクを漕ぐ。30分。ペダル負荷有り。
最後の数分間は、全力疾走とダラ~っと走りを
数回繰り返す。


チンニングスタンドを使用した斜め懸垂。

チンニングスタンドでのアシスト懸垂。
(トレーニングチューブを足に引っ掛けて)

チンニングスタンドでアシストディップス。
(トレーニングチューブを膝辺りに乗って)

チンニングスタンドの下のほうで、腕立て伏せ。
脚はフラットベンチに乗せる。


脚、胸、上腕二頭筋、上腕三頭筋、三角筋、背中、腹の筋トレ。
バーベルやダンベルで。

ここまでは自宅。


トレーニングルームでマシントレーニング。


Ⅱ型糖尿病予備軍のリスク

まだⅡ型糖尿病になっていない前段階を糖尿病予備軍、境界型と呼びます。

動脈硬化は、この段階から始まっています。
詳しくは、こちら「糖尿病情報センター」

ネットを読んでいると、最近では、Ⅱ型糖尿病を治した方が


β細胞の死滅を防ぐためにも、高血糖にならない生活を目指すしかないですね。

予備軍も、食事と運動が大切です。