アルツハイマー型認知症治療

週刊新潮10/17号p.44~p.47
「認知症」との闘いと題して超音波治療について載っています。

「ある条件を満たす超音波が脳に作用して治療効果を発揮する。」
超音波の作用が巡り巡って、血管を太くして血液の流れをスムーズにしたり、増やしたりする。
「認知用の予防に運動がいいとか、知人と談笑するのがいいなどと言われますよね。
結局のところ、こうした予防法は脳の血流を増やしていると考えられます。・・・略」
超音波治療はもっと効率よく血流を増やす方法。

今は、まだ治験の段階らしい。
東北大にて。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント