認知症特集

週刊新潮10/31号p.48〜p.52
”「認知症」との闘い”と題して記事が載っています。
食事法。痩せ型、肥満型の体型の違いによる”なり易さ”。
75歳以上と以下では、薬、ダイエット法等異なること。
アルツハイマー型認知症は発症前だけでなく、
発症後も体重減少が見られるらしい。
有酸素運動か無酸素運動か。
有酸素運動のほうが脳血流が増えて認知症予防になる。
大股で歩くこと。

等が載っています。

週刊文春10/31号p.132〜p.135に
”「親が認知症?」で始める手続き”が具体的に載っています。
同居する息子や娘より、親戚や友人などちょっと距離のある人のほうが
変化に気づきやすいのだとか。
具体的に載っていてわかりやすいです。
どうすればよいのか、だいたいの見当がつきます。

それにしても、何なの、これは。
2つの週刊誌がよりよって、認知症を取り上げているなんて。
他の週刊誌はどうなのか知りませんが。
よっぽど問題なのでしょうね。
これから、ますます増えそうだし・・・あぁ。

本人は自分に起きている変化に薄々気づいているのに、
あえて、そうではないように振る舞う
かも。
だから、
「ボケてへんよ」と言うのです。たぶん。
なおかつ、
「ボケてへんからね」と念まで押す
これ、めっちゃ怪しい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント