介護施設建設?

田舎に住んでいますが、最近、田んぼを潰して何かを建設しています。
それも2、3ヵ所。今、整地中。

あの広さ、あの場所。
なんとなーく、介護施設の予感がします。

というのも、大きな病院の周りだからです。
近くにモールもあります。
小さなクリニックも点在します。

マンション建設かもしれませんが、
あんなところにマンションを建てても住む人がいません。たぶん。
周りは田んぼです。

介護が必要になった老人の世話をしてくれる場所は必要です。
家族が介護できない場合があるからです。
遠くに住んでいるとか。健康上の問題とか。

もうすぐ大介護時代が始まりますからね。
先に作っておいたほうが無難。
とはいえ、介護してくれる人が居ての介護施設。
スタッフが居なかったら、どうしようもありません。

 それでも足りなかったりして・・・

団塊の世代が後期高齢者ともなれば、入院したり、
介護施設に入ったりすることが多くなるので
病院は高齢者で満員になるかも。
他の世代の人が入院できなかったりして・・・
どんなに介護施設を作っても、
すぐにいっぱいになることでしょう。

医療も介護も崩壊します。たぶん。

私たちの世代が介護施設に入る頃には、
すべて崩壊後だったりして・・・

このようなことが起きなかったら、
儲けものです。
良かったと思いましょう。

医療も介護もなくなることを見越して、
今から、生活習慣を整え、病気を予防し、
健康でいましょう。
食事、運動、睡眠です。





糖質制限しません

数年前、甘いお菓子をやめて、
炭水化物だけ少し減らし、運動して、
体重を最高8kg~9kgを落としました。
(その後、若干リバウンド)
この方法が、本当に良かったのかどうだったのか、
今もって疑問です。

過去の健康診断結果を見ていると
疑問が湧いてきます。

ダイエットした年は、HbA1cが0.2%減りました。
これは、当たり前と言っちゃー、当たり前。
だって、糖質を今までより減らしたのだから。
ヘモグロビンにくっつく糖が減るのは当然。

その後、減らしていた炭水化物を元に戻したら、
HbA1cは、0.2~0.3%増えました。
空腹時血糖値も10以上増えました
両方の数値は年々上がり、最近やっと落ち着きました。
(正常高値)

でもねぇ、
約10年前、ラーメン、インスタントのうどん、ごはん等
炭水化物をバンバン食べていたときのほうが、
なぜかHbA1cがめっちゃ少なかったのですよ。
4.2%って
その前の年は4.1%。その前の年は3%台。
炭水化物の食べ過ぎでブクブク太っていました。
運動不足だったし。歩きもしない。グータラ生活。
ソーセージや合挽ミンチ肉を少量食べていました。
オカキ、せんべい、まんじゅうも食べていました。
まだ代謝が下がっていなかったのか。女性ホルモンの加減か。
それとも貧血のせいか。運動しなかったのにねぇ。
この当時は、空腹時血糖値は計っていなかったので
不明。

炭水化物をいっぱい食べていた頃にHbA1cが
ドンと上がるのならば、わかるのですが。
今、そういうことが、心のどこかに引っ掛かっています。
なので、
私は、もう、糖質制限はしません。
いや、炭水化物制限はしません。
もしかしたら、
糖質を制限することでⅡ型糖尿病になっていくのかも
という思いがあるからです。
いや、そうではなく、年取って、
ただ単に代謝が落ちただけ
かもしれませんが。
いや、その両方かも。

でも、もう、炭水化物は減らしません。
(でも、たくさん食べるとすぐ太りそう。)
適量を食べます。人によって適量は違うと思いますが。
そして、
白米ではなく雑穀米等食物繊維が豊富な炭水化物を食べます。
そんでもって、
筋トレして、有酸素運動して、よく動き、代謝を上げます。