健康寿命

暮らしの手帖10-11月号(2019)p.113に
平成13年(2001年)からの健康寿命と平均寿命の推移
(グラフ)が載っています。

平成28年(2016年)では、
男性 平均寿命 80.98歳
   健康寿命 72.14歳

女性 平均寿命 87.14歳
   健康寿命 74.79歳

「健康寿命とは、食事や入浴などの日動の動作が自力で行え、
活動的に暮らせる期間のこと。」

平均寿命と健康寿命の差の約12年(女性の場合)は、
要介護、要支援で生活する期間が約12年続くということです。

この差を縮めるために、
なるべく早いうちから体づくりを始めましょう
ということらしいです。

それで「40歳からの体づくり」。

要介護とか要支援なんて、
随分先の話だな
私には関係ないわ
なんて思っているかもしれません。

父母がその年代になっていきます。
そこで、要支援、要介護の実際を見ることになるでしょう。
いずれ、私たちも同じように年を取ります。
だから、早いうちから準備しておきましょう。
幾つになっても自分の脚で歩ける生活をするために、
筋トレ、有酸素運動、エクササイズ、ワークアウト、
ヨガ等を行いましょう。




きょうのworkout

きょうは、背筋、腹筋。

シーテッドロー 20reps 3set

アディダスのパワーチューブを二重にして
脚を伸ばしてチューブを足裏に引っかけてロー。



トレッドミルでインターバルトレーニング 20分
ウォーキング&ジョギング
途中、しんどくなってウォーキングのみ。

まだ腹筋やっていません・・・


かかと落としは、脚の骨に負荷がかかるので、
大腿骨骨頭にはいいのかも。
でも、全身の骨まで網羅するかは
私は知りません。
いつだったかテレビの健康番組で
背骨の「いつの間にか骨折」予防には、
ドローインのような呼吸法をやっていました。

他には、背筋を鍛えるのもイイかも。
シーテッドローは背筋を鍛えます。
広背筋、僧帽筋。
背筋を鍛えて「いつの間にか骨折」予防。
筋トレは、私にとって老後への備え。
筋肉をつけてBBAになろう。