伴奏がつくので楽しい

最近、電子ピアノの演奏にハマっています。
光ナビゲーションで鍵盤が光るので弾きやすい。
どの指かは、「2」とか「1」とか音声で言ってくれるので
助かっています

ピアノのレッスンは、本来から言うと、
ちゃんとピアノの先生について習うのが一番よろし。
楽譜も読めるし。
(私は簡単な楽譜であればわかります。)

電子ピアノの良いところは、
伴奏がついていることです。
だから、下手な弾き方でも、どうにか聞けます
そして、いきなり、うまくなった気になり、超気分が良い。
ノリノリで弾けます。

伴奏もなく、独りで、ボーン、ボーンと
下手な弾き方でゆっくり弾いていると
なんだか虚しくなってくる

内蔵されている曲の数々。
順を追って聞いていたら、
「森のくまさん」も入っていました。
これも弾いてみました。
伴奏がついているので、めっちゃ楽しい。
幼稚園の子が居れば、一緒に歌えます。



あぁ、そうだった

きのうの夜、文庫本を読みながら、
テレビのケンミンショーを
チラチラと観ていました。

群馬県民と長野県民の県民性の違いについて
やっていました。

そういえば・・・
ハタッと思い出しました。

両親が長野県という
中・高時代の友達がいます。

高校に入学して間のない頃。
学校帰りにお腹が空いたので、
その子と一緒に
駅前のマクドでハンバーガーを
食べて帰りました。

そしたら、その日のうちに、
その子のお母さんから、母へ電話が
入りました。

私の子に買い食いをさせた
と。
そういうことは
一切、やめたほしい
とのお怒り叱りのお電話があり、
今度は私が母から、こっぴどく怒られました。

その子は、中学、高校と無欠席で
とても努力家で真面目な子でした。

今でも毎年年賀状が届きます。