御堂筋のイチョウは

大阪の御堂筋に植えられているイチョウ。
雌雄異株。
イチョウの葉が色づき、ギンナンが落ちる季節。

梅田から中之島まで歩いたとき、
まだ、イチョウの葉が黄色くなっていませんでした。
黄色ではなく、ライム
黄色になるまで、もう少しかかりそう。



パチュリ生葉の勧め

パチュリ。
精油だと墨っぽいというか
独特な香りです。
ベースノート。

ですが、鉢植えのパチュリ。シソ科。
葉が、スッキリした良い香りがします。
精油とは別物の感じがしますね。
ハーブガーデンでパチョリの名前で売られていました。
私は通販で買いました。

昔、クリスマスリース作りのお教室に通っていた頃、
(そんな頃もあったのです
生徒さんのひとりが、パチュリを温室で育てていて、
機会があれば、私も手に入れたいと思っていました。
あれから、何年経ったでしょうか。
ありがたいことに、やっとパチュリ苗を
手に入れ、育てることができました。

精油の香りがどうもダメという方は、
是非、ハーブの香りをお試しください。


手作りデンタルペースト

アロマクラフト。
アロマテラピーでは精油を使って、
化粧品などを手作りすることがあります。
その中に、デンタルペーストを作ることも。

デンタルペースト、歯磨き粉ですね。
私は作ったことがありません。
材料のクレイがエナメル質を傷つけそうで
イヤだからです。
傷つけるというか削るというか
作り方は、クレイを乳鉢で摺って
より微粒子にするようです。
だから安全とは言えませんよね。
どれだけの量をつけるのか知りませんが、
歯をガシガシ磨いたら、
やはり削れそう

てゆーか、市販の歯磨き粉では
なぜ、いけないのでしょうか。
ナンチャラという添加物が体に悪いとか
いうのでしょうか。
だったら、歯磨き粉なしで
歯ブラシだけで歯を磨けばいいことです。

私が通っていた歯医者の歯科衛生士さんから、
歯磨き粉なしで、歯ブラシだけで磨いてください
と指導されましたよ。
そのとき、スクラビング法を教えてもらいました。
デンタルフロスの使い方も。
歯磨き粉をどうしてもつけたい場合は、
歯ブラシの先にほんの少しだけ(米粒程度?あずき粒低度?)
をつけて、優しく磨いてくださいって。
力いっぱいガシガシ磨くなよってことです。

手作りデンタルペーストで香りも楽しんじゃおう
というのでしたら、
ティッシュペーパーに精油を1滴落として
嗅いでいたほうがよいのではないでしょうか。
精油を口の中に入れる理由って・・・?
市販の歯磨き粉も、結構、ペパーミントだかスペアミント
すごいですよね。