アロマで気分を変えんでよろし

アロマテラピーは、精油のパワー(?)でもって

いや、香りの力で(同じやろ

いやいや、香りの成分(ちょっと化学的)によって

嗅ぐだけで気分を変えることができる簡単でお手軽な癒しです。


で、私が、アロマテラピーにハマっていたとき、

怒りに燃えていたとき、ラベンダーの香りを嗅いで

気分が鎮静化したかというと・・・・

ちょっと時間がかかりました。

あまりにも鎮静化しないので、余計に腹が立って、

原液を数滴、頭の上に振り掛けたこともあります。

(こんな使い方しないでね。)

ラベンダーオイルの品質の問題もあるのでしょうが。


今、思うと、「自分の気分ぐらい自分でコントロールせんかい」

と、私自身に言ってやりたい。

そして、「そんなもんに、頼るな」と、きつく言ってやりたいです。


鬱っぽいときには、プチグレンとか。

プチグレンより、歩け。走れ

外に出て、太陽に当たって、動きまくると気分も多少は変わります。



「何もできない」

「やる気が起きない」

が、ず〜〜〜〜っと続くようならば、医者行きですかね。

そんな大袈裟なというのならば、

まずは、食事内容を見直して、タンパク質を始めとして、野菜、魚、肉、大豆、きのこ、海藻

をバランスよく摂りましょう。

不足するならば、サプリメントを摂取しましょう。

健康三原則は、食事、運動、睡眠ですよ。

この3つですからね。



"アロマで気分を変えんでよろし"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: