テーマ:アロマテラピー

アロマテラピーより大切なこと

新型コロナウイルスについては、 密閉された場所での感染が確認されています。 なので、換気が大切と言われています。 新型コロナウイルスが確認された最初の頃はわからなかったことが だんだん、わかってきています。 そこで、やはり、アロマテラピーより換気 が大切だと思います。 換気、手洗い、マスク、うがい、・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダメ元

新型コロナウイルス対策。 アロマテラピーの歴史を見ると、 時代はドンと中世に戻ってしまいますが アロマテラピーの本に載ってそうな ローズマリー、タイム、セージ、ラベンダー、ミントなどのハーブを 酢に漬けたハーブビネガーを全身に塗って ペストを免れた盗賊の話。 ネットで調べてみたら、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロマテラピーは”オシャレ”じゃない

ハーブやアロマテラピーが流行り始めた頃 (昔のことです) ハーブやアロマテラピーは 西洋からやって来た オシャレなものという イメージのときがありました 良い香りがしますし もしかしたら、今でも あの精油の小瓶は、 ちょっぴりオシャレなもの なのかも いえ、その実は ”天然の化学物質が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーカリ精油

しつこくユーカリ精油  これしか知らんのか 昔、CSで、”マリーのハーブの庭から”だったか ”ハーブの丘から”だったか そういうテレビ番組がありました。 カナダのケベック州出身のマリーさんの番組。 千葉県の大多喜ハーブガーデンがロケ地のような感じでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーカリ精油の出番

新型コロナウイルス感染者が あちこちで出始めましたね。 昔、読んだアロマトピアに イギリスかどこかの小学校?(だったか?) で、ユーカリ精油をティッシュペーパーか何かで 芳香拡散していた教室は、風邪やインフルエンザが少なかった という記事が載っていた記憶が・・・ 情報が古過ぎて、間違っているかも。 とは言え、ユー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋肉痛オイル

つい最近まで、筋肉痛がイヤでした。 動くと痛くて苦痛で 「これさえなければ」と思っていました ところが、今は、 家トレして 翌日、筋肉痛が出ないと 何か物足りなく思えてきました。 なので、 筋肉痛に特化した手作りブレンドオイルは不要です。 いえ、そんのものは作ってもいませんが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リラックス

血糖値が気になる方は、この精油というのを 前回書きました。 精査すれば、効果効能はバッチリあるかもしれません。 試したい方は、試してみてくださいね。 ユーカリ、ゼラニウム、レモンです。 さて、アロマテラピーの良い点で、 リラックスできるというのがあります。 リラックスすることによって 副交感神経優位に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血糖値が

血糖値が気になる方には ユーカリ ゼラニウム レモン らしいです。 ネットで調べました 精油には、効果効能がありますので 血糖値が、ちょっと高め、少し気になる方は、 これでOKだと思います。 エッセンシャルオイルの大自然のパワー、サポートがあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

免疫力を上げる

免疫力を上げる効果があるのは ラヴィンツァラ 他にも、いっぱいありそうですが ラヴィンツァラの香りが、ゲーッと思う方は、 心地よい香りをみつけてください。 心地良さは、免疫力を上げるかもね。 私が注意してほしいと思うことは、 「だったら、ラヴィンツァラ精油を買って 嗅げばいいのね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロマテラピー、やりたい人はやってください

アロマテラピーをやっている(やっていた)人は知っている 精油には 抗ウイルス作用 を持つものがあることを 検索したらいっぱい出てきますよ。 新型コロナウイルス対策に使わない手はないと思います。 精油を使いたかったら、どうぞ、バンバン使ってくださいな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロマテラピーの名残り

アロマテラピーにハマっていた頃、 精油でオードトワレみたいなもんを 手作りしていました。 そのとき、使用していたのが無水エタノール。 これ、ちょっとお値段が・・・ それで、無水エタノールの代わりに 消毒用エタノールを使っていました。 ちょっと水っぽくなるけど その消毒用エタノールがまだ残って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優しく接してほしい

「ボクはやっと認知症のことがわかった  自らも認知症になった専門医が、日本人に伝えたい遺言 」 (長谷川 和夫 著) という本の最初のほうしかまだ読んでいません。 認知症になったとしても、人として接してほしい 優しくしてほしい そういう訴えを感じます。 介護施設に出向いて(もちろん、介護施設、ご家族の許可を得て) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吐き出すこと

今、両親や義理の両親の介護 真っ只中の方。 女性の方。 大変でしょう。 しんどいでしょう。 お疲れでしょう。 介護したことがある人しか わからない苦労があることでしょう。 辛さや苦しさを一人で溜め込まないで 吐き出しましょう 今、アロマセラピストの中には、 介護を終えた方がいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パチュリはドライで香り立つ

パチュリ(販売名はパチョリ)の鉢植え。 越冬させるために、伸び過ぎた枝を切り落としました。 (場所が狭いため。) 切り落とした枝を、さらに切り、コップに水を張って 挿していました。 ときどき、コップの水を替えるのを忘れ、 枯れかけた枝が多数発生。 葉っぱがドライ状態のもの多数。 何本かは残りました。 パチュリは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パチュリ生葉の勧め

パチュリ。 精油だと墨っぽいというか 独特な香りです。 ベースノート。 ですが、鉢植えのパチュリ。シソ科。 葉が、スッキリした良い香りがします。 精油とは別物の感じがしますね。 ハーブガーデンでパチョリの名前で売られていました。 私は通販で買いました。 昔、クリスマスリース作りのお教室に通っていた頃、 (そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手作りデンタルペースト

アロマクラフト。 アロマテラピーでは精油を使って、 化粧品などを手作りすることがあります。 その中に、デンタルペーストを作ることも。 デンタルペースト、歯磨き粉ですね。 私は作ったことがありません。 材料のクレイがエナメル質を傷つけそうで イヤだからです。 傷つけるというか削るというか 作り方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんかおかしい

田舎で車をよく使うから、歩く機会が減り、足腰が弱くなり、膝や腰が痛んだり不調が出る。 足腰を鍛えておくのは、老化を防ぐため。 リフレクソロジーが不調に効果がある。 とか言うアロマセラピストさんがいます。 しかし、不調が出た原因のひとつが、筋力不足にあるのならば、 リフレクソロジーより踏み台昇降やスクワッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精油の禁忌

精油は、天然の物といへども、化学物質なので、 注意が必要な場合があります。 アロマの本を読んでもらうとわかります。 妊娠中は使用しない とか 高血圧、てんかんの方には使用しない とか 光毒性 とか 結構、いろいろ書いてあると思います。 でも、そういうことは、精油の瓶には、書かれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロマサロンは選ぶこと

「アロマセラピストには期待しない」 「アロマサロンへは行かねー」 などと豪語し、 今まで(記憶している中で)アロマサロンへは2回、足ツボの店には1回しか行っていない 私が言うのもなんですが。 もし、アロマサロンへ行くのならば、 セラピスト、施術者をよく選んでくださいね。 以前に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必要以上に頼らないこと

AEAJのアロマの研究・調査のページに 「マカダミアナッツオイルを使用したメタボリックシンドローム予備群へのアプローチ」と題して (マカダミアナッツオイルの)”パルミトレイン酸の血中濃度が高くなるとインスリン感受性を高めることが報告されていて、悪玉コレステロール(LDL)値が低下したというデータもあります。マカダミアナッツオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精油がなくても大丈夫

昔、アロマテラピーがちょっとしたブームだった頃。 自分のウェブサイトに、 精油の購入価格が高過ぎて、アロマテラピーなんかやれないよ         みたいなことをボヤいてた人がいました。 確かに、ローズオットーは高い。軽く1万円は超えてしまう しかも、た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロマ超初心者は

精油を嗅いだこともないアロマテラピー超初心者は、 まずは図書館で「アロマテラピーの教科書」みたいな本を借りて 読んでから始めましょう。 本を買っても良いです。 最近では、市政だよりのような行政からのお知らせに 初心者向けの簡単そうなアロマの講座が載っていたりします。 4月か5月頃、市民講座の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロマテラピーより健康三原則

アロマテラピーが好きならば、どんどんやって楽しめば良いと思います。 でも アロマテラピーよりもっと大切なのが、 健康三原則(食事、運動、睡眠)です。 健康三原則と言われるだけあって、健康に直結しています。 これを、はずしては、いけません。 食事、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精油より花の香り

精油の香りも良いのですが、 今を盛りに咲いている花の香りのほうが私は好きです。 庭のローマンカモミールが今、咲き誇っています。 花そのものの香りがしていて いつまでも鼻に残るというか 印象に残ります。 摘み取ってしまえば、香りは、どんどん失われ変化していくことでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精油1滴よりスクワット

精油を1滴、ティッシュペーパーに垂らして クンクン嗅ぐよりスクワットしたほうが体にとって良い。 体の骨は筋肉によって支えられているから、 ある程度自由に動けるし、歩くこともできる。 だから、アロマや生活が楽しめる。 筋肉あってのアロマ と言っても過言ではない。 そう考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロマテラピーにベッタリ依存

アロマテラピーにハマっていた頃、 将来、 もし、更年期障害になったら、 バラ油を使おうと 本気で思っていました。 バラ油、めっちゃくちゃ高いです。(値段が) アロマテラピーでカバーできる更年期障害ならば それで行こう  と。 アロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症と精油

認知症といってもアルツハイマー型だけではありません。 レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、脳血管性認知症など 他にもあるようです。 アルツハイマー型認知症(だったかなぁ?)は 3型糖尿病と称する研究者もいるぐらいです。 アルツハイマー型認知症と糖尿病との関係は密接なようです。 なので、認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロマより市販の化粧品

最近の化粧品って、性能が良くなっていると思います。 アロマテラピーにハマっていた頃は、 秋口に、キャリアオイル、蜜蝋、精油数滴で 手作りハンドクリームを作っていました。 が、アロマやめて、市販のハンドクリームを使ってみたら、 美容液が入っていたりして、これが、めちゃくちゃイイの。 バッチリ私に合いまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香水

私がアロマテラピーに簡単に惹かれた原因のひとつは、 香水が嫌いでなかったということです。 母がまだ若い頃、出掛けるときは、資生堂の香水をつけていました。 その当時、まだ幼稚園児だった私は、その香水の香りが好きで、つけてもらっていました。 20代の頃は、ニナリッチの(なんだったか忘れた)オードト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋トレ&有酸素運動で体質改善

アロマテラピーで”体質改善”を謳うサロンもあるような・・・・ 「アロマトリートメントを継続的に受けていただくと体質が改善され・・・」 とか 「精油塗布で自律神経のバランスを取って体質改善」・・・みたいな。 でも、アロマテラピーだけではないのですよね。 精油の力を借りずに、 自分の力で、できることがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more