タバタ式トレーニングの本

「究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング」(田畑 泉著)

タバタ式については、以前、聞きかじったことをこのブログに書いた私です。

この本は、タバタ式のメソッドをキチンと学ぶ本です。

 
 運動を20秒、休息10秒をワンセットで8セット

4分でできる有酸素運動で脂肪燃焼で痩せられてええなぁ

という簡単な事ではなく、


この本によると、ダイエットのためのメソッドではない・・・ということです。

しかしながら、(タバタ式トレーニング法により)「あくまでも「元気になったことでよく動くようになった」結果」(p.25)
という話です。


また、「この最大酸素摂取量は加齢により低下します」(p.15)と載っていて、思わず、

「えー!また低下 筋力だけじゃないの

加齢とともにロクなことがない

ちなみに、同じページに「最大酸素摂取量が高い人ほど糖代謝(インスリン感受性)が高いため、糖尿病予防のためにも重要です」

生活習慣病予防に効果があるという。。。

それから、

終わりのほうに”タバタトレーニングの科学”が載っています。

生体内、筋肉内で起こる生化学的なことが載っていて、読んでいて眠いです


ともあれ、この1冊でタバタ式がバッチリわかって、今すぐトレーニングできます。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック