呆けない人の15の習慣

「呆けない人の15の習慣」(松本 光正 著)


著者は、中村天風師のお弟子さん。

(私は天風会の回し者ではありません。念のため

他の医者とは一味違ったことが書かれています。



出版年が2009年で新しいとは言えませんが、

読んでみると面白いことがたくさん書かれていました。

対話形式で話は進んでいきますので、

会話を傍で聞いているようでわかりやすかったです。




「奔放で自分勝手な生活をつづけた挙げ句、年取って体にガタが来ると今度は薬漬け・・・・

自分で努力しなかった分を、医療の力で救ってもらおうとしている。病気を治すのも予防するのも自分自身。

認知症も例外ではないのですよ。」(p.35より抜粋)


あくまでも自力本願。

自分の体は自分で管理するという姿勢。

では、どのような習慣を身につければ認知症を遠ざけることができるのかは、

本を読んでみてください。


心の持ちよう、生活習慣の改善、生き甲斐(趣味等)、白砂糖をやめる等

できそうなことが書かれているのが救いです。

この本を読んでいて、心配になったり、恐怖に陥ることはありません。

一貫して楽観的。

そういう意味でも異色の本です。


認知症の本をまだ数冊しか読んでいませんが、

糖質を摂り過ぎるな とか

白砂糖 はやめとけ とか

同じようなことが書かれているって、

何かソコらあたり引っかかりますね。


白砂糖の害についても詳しく載っています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック