どれだけやればいいのですか

運動って、どれだけやればいいのか
ときどき、わからなくなるときがあります。

今、やっている運動で、将来の寝たきりは防止できるのか。
幾つになっても歩ける体作りはできているのか。
何をどれだけやれば、大丈夫なのか
知りたくなるときがあります。
週に150分以上の運動と言われますが、
その内容が大事なのではないか
と、ときどき思うことがあります。

骨粗鬆症予防のための運動
内臓脂肪減少のための運動
脂質異常症を改善のするための運動
高血圧を改善するための運動
糖尿病を改善するのための運動

などが載っています。↓
厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト


脂質異常症の改善に
中強度以上の有酸素運動を中心に定期的に(毎日合計30分以上を目標に)”
って、ちょっとキツくない?

糖尿病改善の場合は、
”運動の頻度はできれば毎日、少なくとも週に3~5回、運動強度は中等度(ややきつい)の全身を使った有酸素運動、運動時間は各20~60分間行い、計150分以上が一般的に勧められています。また、週に2~3回のレジスタンス運動を同時に行うことが勧められています。”
このほうがまだできそうな気がする
  (目立つように赤い文字に変えました。)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント